• ホーム
  • シミュレーションすると安心!アマダは期待の投資先

シミュレーションすると安心!アマダは期待の投資先

PCを前にガッツポーズしている男性

今は少額投資非課税制度NISAができていますので今はそれを使って初めて株をやってみようという人も増えていますが、そういう人にも現在重宝されていますのが投資のシミュレーションです。
これは例えば、何歳までにいくら貯めるという目標を立てその数字を入れてみますと月々いくら積み上げていけばよいのかなどが表示されるものです。

NISAの場合は一年間に投資できる額に限度額がありますが、それを考慮しながら目標を立てることができます。
NISAの良い所は限度額があるために予算を使いすぎないところですので、うまくシミュレーションしながら計画的にやっていくのが最善です。
実際に企業の株を買っていくとしますと、株主のことを大事に考えているところにしたいですが、その代表なのがアマダです。
アマダは利益のうちその半分で自社株買いをし、あとの半分を配当に回すという利益100%株主還元の方針を発表したことで世間をあっと言わせた企業です。

創業したのが1946年で今年は70周年の記念の年ですので株主への利益還元方向もさらに大きくなると考えられます。
株を買うという人もますます多くなりますので株価もさらなる上昇が期待されます。
事業の内容で今注目されていますのが海外への進出です。
特に重点を置いていますのがASEAN地域で新しくその中心となるタイをはじめ周辺の国でも多くの製品に力を入れていますので楽しみです。

また、今全国的に注目されていますのがアマダの身障者雇用です。
従来会社の雇用と言いますと身体に障害がある人に工場で軽作業をしてもらうというのが主でしたが、アマダではその範囲を広げ知的な障害がある人に郵便物の仕分けやパソコンへの入力に挑戦してもらうということを始めました。
これは全国の企業でも極めて珍しいもので、日本中で今注目されています。
株主や障害者の人に大きな配慮を行なうアマダは投資先としても非常に期待できます。