• ホーム
  • 孫の育成のための教育資金の投資にもカシオは最適!

孫の育成のための教育資金の投資にもカシオは最適!

今年2016年は新しくジュニアNISAが始まりました。
これは既存のNISAと同様に少額投資非課税制度のことでして、ジュニアNISAの方は年間80万円までの投資が非課税になります。
これは実際には例えば祖父が孫の育成資金を増やすことを目的としています。
家族の中で祖父母や両親がNISAで年120万円まで、孫たちが80万円までの枠を利用しますと合計でかなりの額の投資に使えますので、ぜひ家族みんなで利用するといいです。

実際に企業の株を買う際に祖父世代の人が注意しなくてはいけないのが、昔のイメージのみで考えることです。
例えば自分が子供の時に或る企業のCMを見ていてそのイメージが強い場合、何十年か経った今でもそればかり作っているような気がします。
しかし、企業の主力製品はどんどん変わっていまして、あの時のCMの製品はもしかしたらもうまったく作っていないかもしれません。
長年継続している老舗企業については特にその心配がありますので十分注意したいところです。

その一つがカシオです。
カシオは現在も企業名に計算機という字が付いていますし、計算機のイメージが強いのですが、現在の主力は若者向けの腕時計や電子辞書などです。
また電子ピアノは世界中に商圏が拡大中です。
これらについてカシオがどういう製品に力を入れているのかを各ジャンルで検討していくのがカシオへの投資では不可欠となります。
カシオの新事業の中で、祖父世代にも注目を浴びていますのがデジタルカメラとスマートフォンを連動させてゴルフスイングをチェックするものです。

両方ともを三脚で固定し、撮影して後で見てフォームをチェックします。
これまではこのような撮影をしますと前の打席を一つ占領するためできませんでしたし、そもそもこういう撮影ができるカメラが高額だったのですが、カシオの技術で改善され普及を始めています。
ゴルフ以外のスポーツにも広がりそうで、今後楽しみです。